ポジティブ思考でお受験準備

Post List

2017年07月06日
頑張る子供を応援を更新。
2017年07月06日
親の意識と子への関わり方を更新。
2017年07月06日
受験にまつわる事例を紹介を更新。
2017年07月06日
学習塾と小学校を更新。

受験は合否に関わらず前向きでいる事が大切

近所の子供が、なぜか同じ小学校に通っていないということは、稀にあったことでした。小学生だった当時は知らないで、後になって小学校受験で合格したから私立小学校に通っているのだという話を聞いて、世の中にはそんなこともあるんだと知った人も多いでしょう。東京では公立の小学校に通う児童が95%を占め、残り5%が私立や国立の小学校に通う子だといいます。ほとんどが公立の生徒なのに比べ、小学校受験合格組は、特別感が際立っていることは事実です。親としては小学校受験に合格した子供は、さぞ誇らしい存在になるはずです。でも子供が望んで私立の小学校に通うということはまずなくて、親が受験させて良い学校に通わせたいという、勝手を貫いた結果がほとんどであるといいます。それが良いか悪いかはともかく、それだけ魅力的で、受験させてでも通わせたい私立小学校が日本にはあるのですね。子供はなんにも分からずに、私立小学校の受験に合格するための教室に通いだしたりします。受験に合格したらそれは素晴らしいことですが、合格率が80%程度である場合には、20%程度は不合格になったりするのでしょう。幼稚園児という年齢で人生の中で挫折を経験するというのは、かわいそうな気もします。しかし失敗も経験のうちとして、子供も親も引きずらないで、プラスに考えていってほしいですね。

小学校受験のための幼児教室選び

近年は少子化に伴い、子供により良い教育の機会を与えようという親御さんが増えてきて小学校受験の数も増加しています。そのため少子化にもかかわらず以前よりも受験倍率も上昇傾向にあるため今後もさらに小学校受験の難化が予想されています。こうした少数精鋭の小学校受験を勝ち抜いていく為に、3歳ぐらいから小学校受験対策が必要になってきます。多くの私立小学校ではペーパーや行動観察などの入学試験が課せられますが学校ごとの傾向が違うため志望校別の細かい対策指導が非常に重要になってきます。一部の私立小学校や国立小学校などでは特に入試準備の必要が無いところもありますので、まずは志望校を絞り込んでその小学校への合格実績が高い幼児教室を選ぶことが受験突破への鍵となります。また幼児教室によっては非常に人気があるため入塾することさえも難しいところもあるので小学校受験を考えるのならなるべく早いうちに入塾情報を集めた方が良いでしょう。最近では2歳児からの教室もあるぐらいなので出遅れないように早めのスタートが肝心です。また小学校受験の準備は幼児教室だけにたよりきるのではなく、日頃の生活において親御さんがさまざまな生活の知恵や礼儀作法などを指導してあげることも非常に大切です。

■おすすめ参考サイト
伸芽会
伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 非公開が多いため、小学校受験の入試問題は間違った情報が広まることもあります。 創造性を伸ばす教育方針は、毎年多数の合格実績につながっています。 60年の歴史で培った独自の教育で名門小学校合格をサポートします。 伸芽会は幼児教室・幼児教育のパイオニアです。60年の歴史をもち、卒業生は15万人以上です。

Pick Up Contents

親の意識と子への関わり方

親の面接対策も重要 小学校受験の合否に影響するのは、子供の成績や能力だけではありません。小学校受験の場合、面接も合否をかなり左右するのです。しかも、面接で見られるのは子供の受け答えや態度だけではありません。面接官は子供以上に両親にも目を光らせているのです。ですから、小学校受験で子供の足を引っ張らないためにも親子揃って面接の練習をしましょう。幼児教室でも、両親の面接の際の洋服の…

詳細はコチラ

受験にまつわる事例を紹介

受験対策の一例 私の甥っ子が小学校受験を経験しました。その際にさまざまな対策をとっていましたがその対策をいくつかご紹介したいと思います。お受験のための塾に通っていましたが、面白いことに子供たちが複数で一緒に遊ぶことを自然に出来るかどうかを試していました。こうした協調性、そしてその中で自分自身の個性をいかに出すことができるのか、それも周りに気遣いながらというところがポイントにな…

詳細はコチラ

学習塾と小学校

忘れてはならない受験のポイント 国立や私立の有名小学校に入ろうとするなら、忘れてはならないことがあります。それはノウハウのある専門の塾に早くから通わせることと、受験に受かれば御の字、受からなければそれはそれで構わないという、心の余裕を持つことの2つです。この中でも、専門の塾に通わせることは非常に重要です。高校受験や大学受験の場合、塾に通わせなくても受験に合格することは可能です…

詳細はコチラ

頑張る子供を応援

小学校受験はゴールでなくスタート 小学校受験は、人生最初の試練というか篩分けとなります。公立小学校に進む生徒が圧倒的に多いわけですから、恵まれた子供達ということが出来るでしょう。まず財力がないと、小学校をお受験することは出来ませんし、合格しても入学することは出来ません。最近の小学校受験では、かつてのように暗記系は減っており、子供の才能や想像力を重視する傾向に変わってきています…

詳細はコチラ