女の子が小学校受験に望む際の適切な服装について

Post List

2017年12月26日
小学校受験に合格するための絵の書き方についてを更新。
2017年12月26日
女の子が小学校受験に望む際の適切な服装についてを更新。
2017年12月26日
小学校受験で男の子が着るのにふさわしい服装は?を更新。
2017年12月26日
小学校受験は親子面接がカギを更新。
2017年12月26日
小学校受験の運動テストへの対策は3歳から計画的に準備をするを更新。
2017年07月06日
頑張る子供を応援を更新。
2017年07月06日
親の意識と子への関わり方を更新。
2017年07月06日
受験にまつわる事例を紹介を更新。
2017年07月06日
学習塾と小学校を更新。

小学校受験は基本的に私服

小学校受験にあたり、受験に向かう際の服装は基本的に私服になります。幼稚園の制服などは着ないので、どんな服を着せればよいのか悩んでしまう方もたくさんいるでしょう。女の子の場合、小学校受験の際には皆さんどのような服装で臨んでいるのでしょうか。やはり派手な色は避け、紺や黒のツーピースに白いブラウスなど、地味めの服装で臨む人が多いようです。
地味めであれば特に問題ないと思われますが、受験を受ける保護者の方々はかなりこだわりが強く、あえて目立たないように襟などにワンポイントの刺繍を入れるなど、細部までこだわっている様子がうかがえます。靴下も紺や白の無地に、小さなワンポイントがついているものが多いようです。靴は黒で、外で遊んでも差し支えないような動きやすいものが望ましいです。
多くの学校では立ち振る舞いを見るために、教室や外で遊ぶ時間を設け、その様子を観察します。このとき、動きづらいものだと身体能力を誤解されてしまうことがありますので注意が必要です。また、このとき子どもは思い切り遊んで汗をかくことがあるため、カーディガンなど着脱しやすい羽織ものを着せていると必要に応じて脱いだりすることができるので便利です。学校側から見て印象がよいものを選ぶのはもちろんですが、子どもが心地よく着られるかという点を第一に考えましょう。

受験する学校によって服装はさまざま

入学試験を行っている小学校は全国にたくさんあります。宗教に基づいた運営を行っている学校もありますし、国立大学の附属小学校など、実にそのカラーはさまざまです。そのため、学校によって印象のよい服というものも異なってきますので、学校によってはそこまでかしこまらなくてもよいところもあります。
地方の国立大学附属小学校では、服装にはほとんどこだわらず、柄もののワンピースや普段着に近いものでも審査にまったく関係のないところもあるようです。もちろんあまりにカジュアルだと周りから浮いてしまうので気になりますが、コーデュロイのワンピースで受験した女の子もいますので、本当に学校によりけりだということがわかります。逆に、いわゆる名門校といわれる小学校では、かなりこだわった質のよい服を着せている人が多い印象があります。高品質のものであっても、あまりに高級ブランドだとかえって印象を悪くすることもありますので注意が必要です。
洋服や外履き入れなどのブランドに悩んだら、百貨店の子供用品売り場で相談してみると、いろいろとアドバイスをしてもらえます。服装に気を配ることと同時に、髪などの身だしなみにも気を配りましょう。ロングヘアの子であれば、顔がきちんと見えるように束ねると清潔感がありますし、前髪が眉にかかる子はヘアピンなどで留めると印象がよくなります。このヘアピンについても、ワンポイントがついている程度なら問題ありませんが、あまり派手なものは避けたほうがよいでしょう。また、プラスチック素材など硬いヘアアクセサリーを使用していると、ころんだ時などにぶつけてケガの原因になる恐れがあるため、ポイントがついている場合は布地など柔らかい素材のものを選ぶほうが安心です。
ちなみに、学校によっては身体能力をテストされるところもありますので、そのような学校ではスカートよりもズボンスタイルの方が良いでしょう。受験する小学校がどのような試験を行うかという点についても、細かく確認しておく必要があります。

親の服装はどうすればいい?

親の服装も、やはり地味めなファッションが望ましいです。男女ともにスーツで臨む人が多く、色はやはり紺を選ぶ傾向にあります。ただし男性の場合はグレーなどのスーツでも問題ありません。お母さんは紺のスカートタイプのスーツが一般的です。受験する女の子同様、髪が長い場合はまとめ、メイクも控えめにするのがベターです。
男性の場合は髪が襟につく人はさっぱりカットしておくことをおすすめします。受験中に保護者が待機している場所なども学校によって異なりますが、一般的には体育館が多いようです。靴箱は用意されませんので、外履きを入れる袋は忘れずに持参することと、スリッパなどの上履きも必ず持っていきましょう。待機している間は寒い場合もあるので、防寒対策はきちんとしておきましょう。
女性の場合は黒地のスリッパを持参する人が多いです。これでなくてはならないというわけではないのですが、驚くほどに多いので合わせておくと、浮いてしまう心配がないので無難です。スリッパは小学校に入学した後も使用しますので、ある程度質のよいものを購入しても無駄にならないため、少し高価なものを購入する人が多いようです。小学校受験の際の女の子の服装については、髪型も含め悩まれる保護者の方が多いようですが、比較的情報を得やすく、また購入できるお店もたくさんあるので、受験する学校に合わせて情報収集をし、適切なものを用意しましょう。

Pick Up Contents

受験にまつわる事例を紹介

受験対策の一例 私の甥っ子が小学校受験を経験しました。その際にさまざまな対策をとっていましたがその対策をいくつかご紹介したいと思います。お受験のための塾に通っていましたが、面白いことに子供たちが複数で一緒に遊ぶことを自然に出来るかどうかを試していました。こうした協調性、そしてその中で自分自身の個性をいかに出すことができるのか、それも周りに気遣いながらというところがポイントにな…

詳細はコチラ

親の意識と子への関わり方

親の面接対策も重要 小学校受験の合否に影響するのは、子供の成績や能力だけではありません。小学校受験の場合、面接も合否をかなり左右するのです。しかも、面接で見られるのは子供の受け答えや態度だけではありません。面接官は子供以上に両親にも目を光らせているのです。ですから、小学校受験で子供の足を引っ張らないためにも親子揃って面接の練習をしましょう。幼児教室でも、両親の面接の際の洋服の…

詳細はコチラ

小学校受験は親子面接がカギ

小学校を受験する意味 受験は、多くの人が通らなければならない関門です。高校や大学はもちろん、中学受験を選択する家庭も珍しくありません。最近は6年間同じ環境で勉強できる中高一貫校にスポットが当たっています。整った教育体制と高校受験をする必要がないというのが人気の理由です。しかし小学校受験となると、少し話は違います。なぜなら、まだ勉強の経験がほとんどない、幼稚園や保育園に通う園児…

詳細はコチラ

小学校受験に合格するための絵の書き方について

小学校受験に絵が出題される 小学校受験で特徴的な点として絵が出題されます。これはどうしてでしょうか。さまざまな能力を見るために試験が実施されるのですが、絵が出題されるのは、これによって子供たちの独創性を確かめようとしているのです。独創性とはとても大切な能力となっています。これは簡単に伸ばせるものではなくて、天性のものであると考えられます。また、絵を描くという能力はその子供の脳…

詳細はコチラ