小学校受験で男の子が着るのにふさわしい服装は?

Post List

2017年12月26日
小学校受験に合格するための絵の書き方についてを更新。
2017年12月26日
女の子が小学校受験に望む際の適切な服装についてを更新。
2017年12月26日
小学校受験で男の子が着るのにふさわしい服装は?を更新。
2017年12月26日
小学校受験は親子面接がカギを更新。
2017年12月26日
小学校受験の運動テストへの対策は3歳から計画的に準備をするを更新。
2017年07月06日
頑張る子供を応援を更新。
2017年07月06日
親の意識と子への関わり方を更新。
2017年07月06日
受験にまつわる事例を紹介を更新。
2017年07月06日
学習塾と小学校を更新。

学校訪問でもふさわしい服装がある

いわゆる「お受験」といいますが、小学校受験をする際、子供が着ていくのにふさわしい服装があります。このことを理解している親御さんは多いでしょう。しかし志望校の学校説明会や学校訪問の時でも、ファッションのルールがあります。これは小学校受験全般に共通することですが、紺や黒、白といったシンプルな服装を心がけることです。
受験の中にはいくつか工程がありますが、このスタイルは基本的に共通します。説明会や受験会場を見ると、同じような格好をした子供たちを見かけることが多いです。「これでは個性がないのでは?少し違った色合いのものを着せて目立ったほうがいいのではないか?」このように考える親御さんも少なくありません。しかしこれはハイリスク・ハイリターンになります。確かに会場で目立つことは目立ちます。もし成績や行動観察でいい結果が出れば、「あの子供は目立ってよかったね」となります。しかしもし逆に成績が思わしくなかったらマイナスの意味で面接している先生の印象に残ってしまう可能性があります。確実性を高めたければ、やはりここは周りの子供に合わせて無難なコーディネートでまとめたほうがいいでしょう。面接試験や行動観察でいい成績を出すことに注力したほうがいいです。
男の子の場合、パンツ姿が基本となります。長さは長くも短くもないハーフパンツを着用すれば無難です。足元については、真っ白なソックスを穿かせると良いでしょう。そして靴については、動き回る時間があるかもしれませんので、その場合も想定すると、普段履きなれているスポーツシューズがおすすめです。少しよそ行きのコーデにしたければ、牛革のローファーなどを取り入れてみるといいかもしれません。ただしローファーは、普段男の子が履いているアイテムではないことが多いです。小学校訪問でいきなり履かせても嫌がる可能性があります。小学校受験をしようと思ったら、早い段階でローファーを履かせ、その感触などに早い段階から慣れさせるようにすることが大事です。

面接試験を受けるときの服装のルール

小学校受験では、面接試験が行われます。この面接試験でどのような格好をさせるのかは重要なポイントになります。面接試験は第一印象が大事で、そこでマイナスになってしまうと限られた面接の時間の中で取り戻すのは難しいです。小学校受験対策を行っている学習塾もたくさんあって、そこに通わせている親御さんも多いでしょう。そこで面接試験の時にどのような服装がいいか、いろいろとアドバイスをしてくれる場合もあります。
男の子の場合、スーツがベースになってくるでしょう。紺色のスーツなどはいかにも頭脳明晰が男の子というイメージになりがちです。例えばウールサキソニー素材を使ったスーツなどは適度に光沢が出ますので、気品を漂わせることが可能です。そのほかにはシャツはブロード素材のものが人気のようです。ズボンがずり落ちないようにするために大人であればベルトがいいですが、男の子の場合少しきつく感じるかもしれません。そこでサスペンダーをつけるといいでしょう。
上品さがあって、なおかつ清潔感も演出できるようなコーディネートを意識してみることです。子供服のメーカーの中には、男の子用の小学校受験の服装一式をセットで販売しているところもあります。セットで購入したほうが、バランスも良くて見た目の印象も良くなります。基本的にどの学校を受験する場合でもこのような服装がベースになることが多い傾向です。

行動観察の服装も重要なポイント

小学校受験では先に紹介した面接試験のほかにペーパーテストと行動観察があります。この行動観察はかなり試験結果を左右する重要な科目といわれています。行動観察とは、他の受験生と一緒に子供がどのように立ち振る舞うかを考査するテストです。行動観察を受験する際の服装にも一定の決まりがありますので頭の中に入れておきましょう。学校訪問・面接試験と基本的には一緒で、気品を感じさせるようなコーデがおすすめです。しかし見知らぬ子どもと一緒に行動しますので、中には緊張する男の子も出てくるかもしれません。そこで少しゆとりをもってリラックスできるような服装を心掛けてみるといいでしょう。
行動観察の中には、友達と一緒に遊ぶ試験を導入している学校も多いです。友達と一緒に遊べるか、協調性があるかを見るためです。中には走り回ることもあるかもしれません。そこで動きやすさも意識してみるといいでしょう。また動き回った場合、汗を大量にかくかもしれません。そこでシャツなどは吸汗性に優れて、多少汗をかいてもべたつかない素材のものがおすすめです。上品さを意識することはもちろん重要ですが、機能性も持たせた服装を考えることも重要です。この両者をどのようにバランスをとるかがポイントになります。
行動観察の際、小学校の中には体操着を用意するように指示してくるところもあります。この場合にはその指示に従いましょう。ちなみに体操着の洗濯は入念に行うことです。薄汚れたものだと、それだけで印象がマイナスになりかねません。体操着は白の無地が多いので、少し汚れているだけでも目立ってしまいます。もしいくら洗ってもきれいにならなければ、そのまま使用するのではなく新品の購入を検討してみた方が良いでしょう。

Pick Up Contents

受験にまつわる事例を紹介

受験対策の一例 私の甥っ子が小学校受験を経験しました。その際にさまざまな対策をとっていましたがその対策をいくつかご紹介したいと思います。お受験のための塾に通っていましたが、面白いことに子供たちが複数で一緒に遊ぶことを自然に出来るかどうかを試していました。こうした協調性、そしてその中で自分自身の個性をいかに出すことができるのか、それも周りに気遣いながらというところがポイントにな…

詳細はコチラ

親の意識と子への関わり方

親の面接対策も重要 小学校受験の合否に影響するのは、子供の成績や能力だけではありません。小学校受験の場合、面接も合否をかなり左右するのです。しかも、面接で見られるのは子供の受け答えや態度だけではありません。面接官は子供以上に両親にも目を光らせているのです。ですから、小学校受験で子供の足を引っ張らないためにも親子揃って面接の練習をしましょう。幼児教室でも、両親の面接の際の洋服の…

詳細はコチラ

小学校受験は親子面接がカギ

小学校を受験する意味 受験は、多くの人が通らなければならない関門です。高校や大学はもちろん、中学受験を選択する家庭も珍しくありません。最近は6年間同じ環境で勉強できる中高一貫校にスポットが当たっています。整った教育体制と高校受験をする必要がないというのが人気の理由です。しかし小学校受験となると、少し話は違います。なぜなら、まだ勉強の経験がほとんどない、幼稚園や保育園に通う園児…

詳細はコチラ

小学校受験に合格するための絵の書き方について

小学校受験に絵が出題される 小学校受験で特徴的な点として絵が出題されます。これはどうしてでしょうか。さまざまな能力を見るために試験が実施されるのですが、絵が出題されるのは、これによって子供たちの独創性を確かめようとしているのです。独創性とはとても大切な能力となっています。これは簡単に伸ばせるものではなくて、天性のものであると考えられます。また、絵を描くという能力はその子供の脳…

詳細はコチラ