小学校受験に合格するための絵の書き方について

Post List

2017年12月26日
小学校受験に合格するための絵の書き方についてを更新。
2017年12月26日
女の子が小学校受験に望む際の適切な服装についてを更新。
2017年12月26日
小学校受験で男の子が着るのにふさわしい服装は?を更新。
2017年12月26日
小学校受験は親子面接がカギを更新。
2017年12月26日
小学校受験の運動テストへの対策は3歳から計画的に準備をするを更新。
2017年07月06日
頑張る子供を応援を更新。
2017年07月06日
親の意識と子への関わり方を更新。
2017年07月06日
受験にまつわる事例を紹介を更新。
2017年07月06日
学習塾と小学校を更新。

小学校受験に絵が出題される

小学校受験で特徴的な点として絵が出題されます。これはどうしてでしょうか。さまざまな能力を見るために試験が実施されるのですが、絵が出題されるのは、これによって子供たちの独創性を確かめようとしているのです。独創性とはとても大切な能力となっています。これは簡単に伸ばせるものではなくて、天性のものであると考えられます。また、絵を描くという能力はその子供の脳の発育を確かめることができると考えられています。上手に描くことができる子供というのは他の子供と比べても脳が成長しているとされているのです。
小学校受験を実施しているような学校というのは精神年齢が高くてしっかりとした子供を受け入れたいと考えています。逆にいえば、そのような子供でないと入学させても苦労してしまうことになるでしょう。まだまだ脳の発育が未熟な子供を受け入れてしまうと、子供にとっても学校にとっても不利益となります。
何かを描くという行為は脳の信号を上手く指に伝える必要があります。そのためには脳を高度に活用していかなければいけないのです。これを確認するために試験が出題されているのです。たとえば脳の発育が未熟な子供の場合は、殴り書きをしたようなものしか描けないのです。
また、何かを描く行為というのは何かをしっかりと観察しなければいけません。そのものを正確に認識して、それを実際に紙の上で表現する必要があります。これはとても高度な能力といえるでしょう。そのため、小学校受験の試験としてふさわしいものとなっています。ペーパーテストをするよりも、単純に何かを描かせる方が子供の能力をより客観的に判断することができるのです。そのためこれから子供を受験させるならば、この分野についてしっかりと対策しておく必要があるでしょう。

絵の書き方のポイント

それでは実際にどのような描き方で絵を描いていけば良いのでしょうか。それにはそもそもどのような問題が出題されるのかを知っておく必要があります。それぞれの学校で出題傾向は異なっているからです。その学校の求めるようなものを描くことができれば合格点を取ることができるでしょう。
もし大人になれるとしたら、どんな大人になって何をしたいですか、という問題が出されることがあります。このような抽象的な問題というのは正解があるわけではありません。それぞれの子供が自分の想像力を働かせて描いていかなければいけないのです。
まず課題について正確に理解しているかどうかが問われます。これは国語力が必要になります。絵が出題されたとしても、上手に描けるだけでは不十分であり、そもそもの課題を理解する能力が必要とされます。
また、力強く描くことは大切です。小さく描いてしまうと自信のなさがあらわれてしまうでしょう。自信満々に大きく描くような子供を小学校受験では求めています。また、その課題に対してさまざまな想像をふくらませていくことができる心の豊かさも必要とされるでしょう。最後に自分が描いたものについて説明を求められます。そのため、論理的に自分の作品について言葉で説明できることも大切です。
個性豊かなものを描けば良いというわけではなくて、課題の意味をきちんと理解して、それに合ったものを描く能力が問われているといえるでしょう。逆にいえば、このような問題はきちんと対策をとることができます。もちろん上手に描けることに越したことはありません。しかし、課題にきちんとしたがったものでなければ評価されないでしょう。

どのように対策するべきか

それでは小学校受験での絵の対策をどのようにすれば良いのでしょうか。基本的には毎日練習させるのが一番良いでしょう。その際にはまず自分の顔を描かせてみると良いでしょう。正確に自分の顔の特徴をとらえて、それを表現できるように練習させるのです。これだけでも一定のレベルに高めることができます。
教室に通わせるというのも効果があります。これによってある程度のレベルまで絵の能力を高めることができます。どのように教育をすれば良いのかノウハウのある教室ならば、親が教えるよりも高い効果を期待できるでしょう。ある程度のレベルまで描けるようになったならば、自宅で練習をするだけでも効果があります。
また、単に何かを描く練習をさせるだけではなくて、普段から自分の周囲のものを観察する習慣をつけさせるのも良いでしょう。観察力を養うことは大切です。それによって、身の回りにあるいろいろなものの特徴を理解するようになり、それが実際に自分で何かを描くときに活かされるのです。
親は子供の描いたものについて否定しないようにしましょう。否定してしまえばそれによって自信を喪失させてしまいます。何かを描くことが億劫になってしまうでしょう。トラウマを植え付けてしまうかもしれません。そのようなことをすれば、親の方が小学校受験の足を引っ張ってしまうことになります。
必要な道具はすべてしっかりと揃えておきましょう。対策のための本も出版されているため、そちらも参考にしたり、受験する学校で過去にどのような問題が出題されたのかも調べておくと良いでしょう。このように対策としてできることはたくさんあります。

Pick Up Contents

受験にまつわる事例を紹介

受験対策の一例 私の甥っ子が小学校受験を経験しました。その際にさまざまな対策をとっていましたがその対策をいくつかご紹介したいと思います。お受験のための塾に通っていましたが、面白いことに子供たちが複数で一緒に遊ぶことを自然に出来るかどうかを試していました。こうした協調性、そしてその中で自分自身の個性をいかに出すことができるのか、それも周りに気遣いながらというところがポイントにな…

詳細はコチラ

親の意識と子への関わり方

親の面接対策も重要 小学校受験の合否に影響するのは、子供の成績や能力だけではありません。小学校受験の場合、面接も合否をかなり左右するのです。しかも、面接で見られるのは子供の受け答えや態度だけではありません。面接官は子供以上に両親にも目を光らせているのです。ですから、小学校受験で子供の足を引っ張らないためにも親子揃って面接の練習をしましょう。幼児教室でも、両親の面接の際の洋服の…

詳細はコチラ

小学校受験は親子面接がカギ

小学校を受験する意味 受験は、多くの人が通らなければならない関門です。高校や大学はもちろん、中学受験を選択する家庭も珍しくありません。最近は6年間同じ環境で勉強できる中高一貫校にスポットが当たっています。整った教育体制と高校受験をする必要がないというのが人気の理由です。しかし小学校受験となると、少し話は違います。なぜなら、まだ勉強の経験がほとんどない、幼稚園や保育園に通う園児…

詳細はコチラ

小学校受験に合格するための絵の書き方について

小学校受験に絵が出題される 小学校受験で特徴的な点として絵が出題されます。これはどうしてでしょうか。さまざまな能力を見るために試験が実施されるのですが、絵が出題されるのは、これによって子供たちの独創性を確かめようとしているのです。独創性とはとても大切な能力となっています。これは簡単に伸ばせるものではなくて、天性のものであると考えられます。また、絵を描くという能力はその子供の脳…

詳細はコチラ