小学校受験の運動テストへの対策は3歳から計画的に準備をする

Post List

2017年12月26日
小学校受験に合格するための絵の書き方についてを更新。
2017年12月26日
女の子が小学校受験に望む際の適切な服装についてを更新。
2017年12月26日
小学校受験で男の子が着るのにふさわしい服装は?を更新。
2017年12月26日
小学校受験は親子面接がカギを更新。
2017年12月26日
小学校受験の運動テストへの対策は3歳から計画的に準備をするを更新。
2017年07月06日
頑張る子供を応援を更新。
2017年07月06日
親の意識と子への関わり方を更新。
2017年07月06日
受験にまつわる事例を紹介を更新。
2017年07月06日
学習塾と小学校を更新。

小学校受験で何が問われるのか

 
私立や国立の小学校は入学先を自由に選択することができますし、特に私立の小学校には独自の建学の精神があり、一貫した教育方針で教育が行なわれています。そのような小学校への入学を希望される保護者の方々に共通するのは、子どもに合った校風で良い環境で教育を受けさせ、将来は有名な大学への進学を考えていることです。そこで、わが子に小学校受験を成功させるために、幼稚園の年少期頃からさまざまな受験対策に取り組んでいくことになります。
小学校受験では、学力や体力の土台となる、年齢相応の発達の度合いを様々な角度から問われることになります。そのことは詰め込みやマニュアルでは通用しない、五感を使った体験で得られる確かな力の育成が大切になってきます。その確かな力とは、机上で知識を学び事実や結果を覚えさせることではなく、さまざまな生活体験や行動体験を通して身に付いていく創造力や表現力、探究心、協調性、運動感覚といったものです。
このことは運動テストにも言えることで、運動能力が年齢相応であることはもちろんですが、精神的にも年齢相応に発達しているかを見られることになります。運動テストは、小学校受験の試験科目の1つとして多くの小学校で実施していますが、運動は子どもの態度や姿勢を知るうえでのバロメーターとなります。それぞれの小学校によって基準は違いますが、運動をそつなくこなすだけでなく、子どもの姿勢や態度、先生の指示を聞き取る力、集中力、運動能力、リズム感などを見ていきます。
特に集中力は、授業についていけるか、先生の指示を理解できるかなど、小学校で学ぶ勉強に大きく影響するので重要視される要素になっています。そのためにも、幼児教育の早い段階から、先生から指示されたことはきちんとその通りに行動する習慣をつけることが大切になります。

小学校受験の運動テストへの対策

 
小学校受験の運動テストは、走る・ジャンプするなどの基本動作やマット、平均台、ボール、縄跳びなどの道具を使った動きなど、さまざまなものがあります。それらの動きを通して、指示されたことができるか、話を聞く態度、待つときの態度などの行動観察を行ないます。テスト自体に難しい動きはありませんが、受験前に何度も練習をして慣れておくことが対策になります。また、指示に従って行動するのは運動だけでなくテスト全般において評価されます。指示されたことをすぐに行動に移すことは意外と難しいことであり、幼少期からの行動習慣が大切になります。
また、鬼ごっこやゴム遊びなどの昔ながらの遊びが課題として出されるところもあります。これなども、まったく経験がない子ではとまどってしまいます。家族との公園遊びや幼稚園での野外教室などで数多くの遊びを経験させることが大切になります。最近では小学校受験の対策として塾や体操教室などの習い事に通わせる保護者が増えてきていますが、そのような専門的な場所で受験への対策を練るのも1つの方法です。例えばリズムの授業では、あせらず楽しみながらリズムに合わせて動く練習を行い、先生の説明がよく理解できるよう配慮しながら授業が進められます。また、平均台やマットを使った授業では、障害物を避けたり、前転からボールをとったりなど、さまざまな動きを連続して行なう課題にも取り組んでいます。
そして、大切なことは常に褒めること認めることで子どもの意欲を引き出しているところです。また、先生の指示に対する行動観察や集中力、協調性といったことも、きちんと押さえて指導がされています。体操教室などの習い事では、多種多様な動きをすることでバランスのとれた身体能力が身に付きますし、1つの動きをできるまで頑張る力や友達と一緒に活動する協調性が育っていきます。
一方、家庭で取り組めることもあります。1つは、過去に出された課題を練習することです。クマ歩きやアザラシ歩きなどの動物歩きは受験問題によく出てくる課題ですし、鉄棒やジャングルジム、登り棒などで遊ぶなど、毎日決まった時間、体を動かすことが受験対策になります。また、夏休みなどの長期の休みは、海や山などで自然体験や集団活動の中で五感を使って活動する体験も大切なことです。

合格する子は早い段階から準備をする

 
2歳から12歳までの時期は脳や神経系の発達が盛んな時期で、12歳までにほぼ100%の神経系統が形成されると言われています。身体能力とバランス感覚が発達するこの時期に体を動かすことや、正しい体の使い方を身に付けることが大切になります。幼稚園年少期の3歳から身体を動かす習慣を身に付け、ボール運動やマット運動、縄跳びなどをバランス良く行なっていくことです。それらのことによって身体能力が鍛えられ、さらに大脳の前頭葉が鍛えられ、記憶力や創造力だけでなく、情緒や集中力、忍耐力なども育ってきます。
このように早い段階から体を動かすことは家庭でもできることですが、小学校受験への対策となると家庭だけでは難しくなります。その為、小学校受験の対策を行なっている塾や教室はたくさんあります。もし塾や教室に通う場合は、お子様の苦手項目をピンポイントで強化してくれるところを探すことも大切です。ほかにも、絵画や制作、指示行動、観察行動などを、実験や体験を豊富に取り入れて楽しい授業をしている塾を選ぶと子供は通いやすくなります。
また直前の短期集中ではなく、2歳から3歳という早い段階から計画的に運動習慣や行動習慣を身に付けていくことが大切です。塾を選ぶときには歴史と伝統と合格実績があること、特に名門と言われる小学校への合格実績も大切なポイントとなります。大きな実績を残している塾は、指導する教師の力、学ぶ環境、カリキュラムを構成する力なども優れている場合が多いです。インターネットを使って調べたり、実際に見学や体験を通して決めることが重要です。
多くの小学校が受験で運動テストを実施するのは、心身の健全や知力の両方を重視していると考えられます。お子様の健全な発育を促進する方法として、幼少期からの運動に取り組むことが大切です。”

Pick Up Contents

小学校受験に合格するための絵の書き方について

小学校受験に絵が出題される 小学校受験で特徴的な点として絵が出題されます。これはどうしてでしょうか。さまざまな能力を見るために試験が実施されるのですが、絵が出題されるのは、これによって子供たちの独創性を確かめようとしているのです。独創性とはとても大切な能力となっています。これは簡単に伸ばせるものではなくて、天性のものであると考えられます。また、絵を描くという能力はその子供の脳…

詳細はコチラ

頑張る子供を応援

小学校受験はゴールでなくスタート 小学校受験は、人生最初の試練というか篩分けとなります。公立小学校に進む生徒が圧倒的に多いわけですから、恵まれた子供達ということが出来るでしょう。まず財力がないと、小学校をお受験することは出来ませんし、合格しても入学することは出来ません。最近の小学校受験では、かつてのように暗記系は減っており、子供の才能や想像力を重視する傾向に変わってきています…

詳細はコチラ

小学校受験の運動テストへの対策は3歳から計画的に準備をする

"小学校受験で何が問われるのか  私立や国立の小学校は入学先を自由に選択することができますし、特に私立の小学校には独自の建学の精神があり、一貫した教育方針で教育が行なわれています。そのような小学校への入学を希望される保護者の方々に共通するのは、子どもに合った校風で良い環境で教育を受けさせ、将来は有名な大学への進学を考えていることです。そこで、わが子に小学校受験を成功させるため…

詳細はコチラ

学習塾と小学校

忘れてはならない受験のポイント 国立や私立の有名小学校に入ろうとするなら、忘れてはならないことがあります。それはノウハウのある専門の塾に早くから通わせることと、受験に受かれば御の字、受からなければそれはそれで構わないという、心の余裕を持つことの2つです。この中でも、専門の塾に通わせることは非常に重要です。高校受験や大学受験の場合、塾に通わせなくても受験に合格することは可能です…

詳細はコチラ